法隆寺玉の風鎮(B)

Category : ガラス小物


大変珍しい、大振りの法隆寺玉の風鎮です。おそらく江戸〜明治時代頃のもの。
(風鎮は、掛け軸が風で揺れないようにするために吊り下げる重りのことです)

「法隆寺玉」とは元々は法隆寺で風鎮として使われていたトンボ玉のことで現在はコレクションとして保管されています。そのトンボ玉と同じ技法で作られたこういった立体的な練ガラスのマーブル模様のトンボ玉を総じて法隆寺玉と呼びます。

こちらは、白と水色のガラスでマーブル模様になっており、
江戸硝子やアイヌの硝子玉、古い中国の硝子玉に見受けられる風合いですが、詳細は不明です。

紐が通せる様な穴が開いていますので、帯留めとしてもお使い頂けそうです。

※全体的に、ヒビや、気泡が弾けた凹みなど多数見受けられます。
最後の画像に一部掲載しておりますので、ご確認ください。

全長 約4.5cm
穴の直径 0.5cm

販売価格 15,000円
在庫数 残り1です
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM