伊万里焼 中皿 牡丹【C】

Category : 完売の商品


江戸後期頃の伊万里焼。
手慣れたタッチで、さらりと牡丹が描かれています。
シンプルに仕上げられているのがなんだかお洒落。

少しだけ縁が立ち上がった造りになっているので、幅広い用途でお使い頂けそうです。

※見込みや裏側面に黒点や小さな凹み、縁に釉薬の途切れ跡、高台に凹みが見受けられます。
また、裏側面の釉薬全体に揺らいでいるような薄いシワのような跡がございます。
全て製造時に生じたもので、器の強度としてはなんら問題ございません。
詳しくは画像にてご確認頂けますと幸いです。

※それぞれ風合いや色味が異なりますので【A】〜【D】に分けて掲載中です。
4客比べてみたときの大まかな違い↓
【A】呉須の青色が鮮やか。白い部分は、つるりと真っ白。
【B】呉須の色のトーンが少し暗め。白い部分は、つるりと真っ白。
【C】呉須の青の彩度低め・色味薄め。白い部分はオフホワイト寄り。持ち心地は一番軽い。
【D】呉須の色はBとCの間くらいの色。白い部分は、ややグレーがかった色味。

直径 18.4cm
高さ 3cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM