印判湯呑み 市松に氷裂梅

Category : 和食器


明治時代頃の印判手湯呑。
全く滲みのない物凄く明瞭に刷られた印判で、思わず見惚れてしまいます。
上半分は市松文様、
下半分は氷裂文様に梅。これは氷が割れて梅が綻び始める春の訪れを表した文様です。

※見込み部分に、製造時に灰が焼き付いた黒点が見受けられます。また、縁には釉切れがあるものもございます。いずれも骨董の特徴の一つであり、キズではございませんので、
4枚目の画像でご確認の上ご注文頂けますと幸いです。

直径 約6cm(やや個体差があります)
高さ 約6cm(やや個体差があります)

販売価格 4,000円
在庫数 残り3です
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM