馬毛綴れ

Category : その他


祇園祭などの祭用の懸装品(鉾の胴幕)として江戸時代に日本に渡った物のようです。
縦糸に木綿、横糸に獣毛(馬)を使った綴れ織りの生地に
捺染で描かれていると思われます。
李氏朝鮮の物だと思いますが、産地や技法などの詳細は分かっていません。
現存数の少ない貴重なものです。

ほつれや破れがあります。画像にてご確認ください。

縦:160cm
横:120cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM