伊万里 小さな蓋向付 猩々留守模様

Category : 和食器


伊万里焼の小さな蓋向付または蓋碗、猩々留守模様。江戸後期頃のものです。

「留守模様(文様)」とは、主題となる人物をあえて描かず、その人物を連想させる象徴的なモチーフだけを描くことでその人物を表す表現方法です。こちらの蓋向付に描かれているのは、能の演目にも登場するお酒好きの獣「猩々(しょうじょう)」の留守模様。
猩々はいませんが、酒壺・杯・柄杓・扇子は全て猩々とセットで描かれる道具たちです。

※高台底面に歪みがあるため、平面に置いた際に、僅かにカタカタと動きます。
※製造時に窯の中で生じた黒点が見込み全体に見受けられます。また、縁に僅かな釉切れがあります。
※蓋の内側白磁部分に、製造時に釉薬が変色して生じた黄色っぽい斑点があります。また、蓋の持ち手の付け根部分に小さな凸が見受けられます。

※製造の段階で身や蓋の径に歪みが生じている為、身と蓋の噛み合わせがピッタリ合っているという訳ではありません。蓋を閉めた際に蓋が ややカタつくことをご承知置きの上、ご購入頂けますと幸いです。

直径 8.3cm
高さ(蓋ナシ) 4.5cm
高さ(蓋アリ) 約6cm

販売価格 3,000円
在庫数 残り1です
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM