伊万里 中皿 南天と水仙

Category : 和食器


伊万里焼の中皿です。
見込みには南天と水仙が描かれています。
横に書かれている「天仙」とは天にいる仙人の事で、女神が天からたくさんの仙人を連れて降りてきた昔話からきているそうです。
天は南天、仙は水仙で表されていて吉祥の図だと思われます。
幕末〜明治時代頃のもの。

※制作時に窯の中でできたシワや釉切れ、砂の付着などがございます。
また高台に大きめのカマキズ(凹み)、厚さや重さに差がございます。
骨董の性質の一部としてご理解の上ご注文頂けますと幸いです。

直径 15.5〜16cm
高さ 2.5〜3cm

販売価格 1,500円
在庫数 残り6です
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM