清朝 辰砂蝙蝠煎茶碗 五客セット

Category : その他(中国・韓国)


中国、清朝時代の汲出し茶碗。5客セットでの販売です。
辰砂釉という赤色の釉薬でコウモリが描かれています。
辰砂釉は窯の内部で不完全燃焼の炎で焼かれると赤く発色し、完全燃焼の炎で焼かれると青っぽく発色するらしいのですが、
こちらの煎茶碗の蝙蝠は、赤色だったり緑色だったり、様々に発色しています。そんな色合いの違いも見どころの一つ。

5客全てにそれぞれダメージが見受けられます。
↓の文章と合わせて詳しくは画像にてご確認ください。
♂蝠は赤。内側まで達するヒビ1箇所。縁に釉薬剥がれ数箇所。内側全体に灰の焼き付き跡。
∫蝠は赤。金継ぎ跡あり。縁に釉剥がれ数箇所。高台内と高台ふもとに、内側まで達するシワ。
i蝠は赤。全体にグレー寄りの色味。見込みに黄土色の斑点や凸。内側縁にシワや凹み。
ら蝠は無色〜緑。内側まで達するヒビ1箇所。縁に釉薬剥がれ・シワ。
ラ蝠は緑。縁に楕円形のヒビ1箇所。高台内側にY字型のヒビ1箇所。内側全体に灰の焼き付き跡。

口径 約19.5cm
高台直径 約3.8〜4cm
高さ 約5cm

販売価格 30,000円
在庫数 残り1です
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM