κ疹董〇虻漫|翦

Category : 和食器


明治時代頃のκ疹
緑・山吹色・茶色の三色が組み合わさった三彩の中鉢です。

κ疹討蓮△發箸發斑羚颪両討物の再現を目指していた窯で、
これは中国の唐三彩を再現した表現です。

※元々の風合いの一部か、後から生じたヒビなのかがハッキリと判断できかねる貫入が、表側の縁に2箇所あります。画像にてご確認ください。
※縁に一か所、1mmほどの点状の釉薬の剥がれが見受けられます。

口径 約18.5cm
高さ 約8.4cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM