朽木塗 大片口 酒上【A】

Category : 和食器


朽木塗の大片口。酒上(ひあげ)とも呼びます。
幕末時代頃のもの。
宴などで、お酒を回し注ぐための道具です。
花器にもお使い頂けそうな、良い感じに枯れた風情をしています。

※経年により、全体に、漆の亀裂・漆のめくれ・漆の白濁などのダメージが生じています。
古いものの特徴の一つとしてご理解の上、画像をご覧頂き、ご注文頂けますと幸いです。

全体長さ(注ぎ口含む)27cm
全体高さ 16cm

胴部分直径(注ぎ口含まず)縦22.5cm 横20cm
胴部分深さ(足含まず)約11cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM