κ疹董_峽審兢皿 波に桜【E】

Category : 完売の商品


明治時代頃のκ疹撞堂峽審兢皿です。
見込みには波間を漂う桜が。
κ疹鴇皿の中でも、かなり珍しいデザインです。

※釉薬の掛かり方や焼き上がりによって風合いが異なる為、【A】〜【E】に分けて掲載しています。

【A】が最も柄が明瞭に表出していて、【E】に近づくにつれて少しずつ柄の出方が薄い仕上がりになっています。
それぞれを比べた時の違いや状態を記載しました↓さらに詳しい状態は各商品の画像欄にてご確認ください。
(A〜E全て、平面に置いた際に、ほんの僅かにカタつきます。)

【A】柄が濃く出ている。黄色も最も赤みが強く濃く鮮やかな山吹色。表面に僅かにシミあり
【B】柄が比較的ハッキリしている。Aに比べると少し黄色の彩度が低い。裏面高台内側の全体が薄っすらとシミあり
【C】柄が比較的ハッキリしている。Bに比べると少し明度の低いグレーがかった黄色。裏面全体に薄っすらとシミあり
【D】柄はやや柔らかい出方。Bとほぼ同じ色味。シミ等は特に見受けられない。
【E】柄はやや柔らかい出方。B・Dと同じ色味。裏面全体に薄っすらとシミあり

サイズ
縦 10cm
横 10cm
高さ 2.5cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM