八卦占いの天板

Category : 完売の商品


八卦占いのときに使う天板です。明治時代頃のもの。

八卦(「はっか」または「はっけ」)は、古代中国から伝わる易占いにおける8つの基本図像のことを指します。
この八卦を使って占う方法が「八卦占い」と呼ばれます。

裏の四方に凹みがあります、ここに脚をつけて机のように仕立てて占いを行っていたのでしょうか。
また、八卦図の中央には穴があいていて、図を描く際にあいたものなのか、それともルーレットのようにこの穴に針を設置して占いに使うのか・・・詳細は不明です。

※下半部に一直線の割れがあります。
※全体に汚れ・穴・削れ跡が見受けられます。画像にてご確認ください。

縦 38cm
横 72cm
天板厚み 1.5cm

全体厚み 2.5cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM