伊万里 花型なます皿 龍と竹

Category : 完売の商品


花型の伊万里焼なます皿。江戸後期頃のものです。
花の形に沿って、側面は花弁のようにふっくらと立体的になっています。
花弁部分には龍と竹の図案が交互に配置されており、中央には芙蓉または牡丹、そして唐花、
裏側面の唐草も大変丁寧に描かれています。

この時代の伊万里焼の美しさと巧妙さがギュッと詰まったような端正で渋い仕上がり、惚れ惚れします。

※製造時に鉄分が焼き付いてできた茶色の点が見受けられます。
※高台の一部に、製造時に生じた小さな凹みがあるものがございます。画像にてご確認ください。

直径 14.5cm
高さ 5.2cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM