瀬戸 色絵蓋碗 早春の花と蝶

Category : 和食器


瀬戸焼の片手にすっぽり収まるサイズの小さい蓋碗です。
身と蓋には早春の訪れを表した椿、福寿草、雪柳の春の花が描かれており反対側には蝶が飛んでいます。
内側には松の葉、梅と全体的に華やかで可愛らしくおめでたい雰囲気です。
明治時代頃のもの。

※それぞれに釉薬の剥落や砂の付着、黒点など見受けられます。最後の画像にてご確認ください。

※古い蓋碗は製造の段階で、身や蓋の径に歪みが生じる場合が多々あります。その為、身と蓋の噛み合わせが悪く、蓋を閉めた際に蓋がカタつく場合があります。そのことをご承知置きの上、ご購入頂けますと幸いです。

直径 約9.2cm
高さ(蓋ナシ) 約4.7cm
高さ(蓋アリ) 約6.5cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM