伊万里焼 蓋碗 雷と雲龍

Category : 和食器


幕末頃の伊万里焼蓋碗。
暗雲を纏う厳めしい龍と、本物の雷のように表現された雷文様がピカッと光ります。
黒い雲の向こうから、龍の頭・脚・手・尾が見え隠れしています。
蓋を開けると、そこにも胴体がチラリ。

澄んだ白磁と背の低い小ぶりな姿が全体を上品な印象にしています。

※古い蓋碗は製造の段階で、身や蓋の径に歪みが生じる場合が多々あります。その為、身と蓋の噛み合わせが良くないものもあり、蓋を閉めた際に蓋が ややカタつく場合があります。そのことをご承知置きの上、ご購入頂けますと幸いです。

直径 11.5cm
高さ(蓋ナシ) 5cm
高さ(蓋アリ) 7.5cm

販売価格 5,000円
在庫数 残り1です
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM