呉須手 中皿 双龍

Category : 完売の商品


呉須手という明末・清初にかけて
中国の江西・広東地方の民窯で焼かれた器です。
素地はくすんだ黄色っぽい灰色で、濃い藍色染付で双龍が描かれています。

※見込み全体にスレがございます。
器の縁には古染付特有の虫食い(釉薬が薄いために所々剥がれている箇所
)がございます。また、制作時に出来た凹みや釉薬の溜まった部分、灰や砂の焼き付いた箇所が見受けられます。
古い物ですので状態も含め、ご確認いただきご理解の上でのご購入頂けますと幸いです。

直径17cm
高さ3.5c

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM