須恵器

Category : 和食器


須恵器とは、古墳時代中頃(5世紀初頭)に朝鮮半島から作り方が伝わってきた土器のこと。
平安時代まで作られていました。

薄くて硬い質感で、少し青みがかった色味が特徴です。

こちらはおそらく「坏(つき)」と呼ばれる形状のもの。
ご飯や汁物のおかずなどを容れて使われていたようです。

直径 約12cm
高さ 4〜3.5cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM