瀬戸 煎茶碗 輪線

Category : 完売の商品


明治時代頃の瀬戸焼、煎茶碗または猪口。
口には一筋、高台近くには二筋、シンプルに線が引かれています。
口元は比較的薄めに造られていますが、胴の下の方は厚手で安定感があります。

掌にすっぽりと収まる可愛らしいサイズ感。
お茶でもお酒でも、気持ちよく飲めそうです。

※白い釉薬の途切れや、青い釉薬の擦れなど見受けられます。
また、見込み部分には斑点状の薄い変色が見られるものもございます。
画像にてご確認の上、ご検討をお願いします。

口直径 6.3cm
高さ 約4.8cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM