祥瑞 向付

Category : その他(中国・韓国)


中国、明時代末期(1628〜1644年)の器です。
少し深さのある中皿。箱には「向付」とありました。

こちらは「祥瑞(しょんずい)」と呼ばれる手のもの。
いわゆる「古染付」より古く、且つとても繊細で質の高い焼き物です。

中央の白磁の部分には陰刻で花が描かれています。

※器の縁には中国の古い器特有の虫食い(釉薬が薄いために所々剥がれている箇所
)がございます。また、制作時に灰が焼き付いて出来た凹凸が見受けられます。詳細は画像に掲載しておりますので、ご確認頂いた上でご購入頂けますと幸いです。

直径 約15cm
高さ 約3.5cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM