百人一首を仕舞うための箱

Category : 完売の商品


百人一首を仕舞うために作られた木箱。
大正〜昭和初期頃のもの。

閉め方は、上下に桟のような凹みがあり、そこへ戸を嵌め込む形式です。
戸表面の少し丸みを帯びた柔らかなフォルムや艶のある木の取手など細々と丁寧に造られており、どこか上品な佇まいです。

※中の百人一首に関しては絵柄や数が揃っているかは不明です。糊が剥がれているような札もあり、状態もまちまちですので、札に関してはオマケ程度に思って頂けますと幸いです。

横幅 19cm
高さ 31cm
奥行 9.5cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM