鉄の六角形吊り行灯

Category : 照明


明治時代頃の六角形吊り行灯です。
元々は、全ての面にガラスが嵌った状態で中に蝋燭やランプを点すようなものだったかと思われます。

中に灯りを入れられるように、ちゃんと扉が開く仕組みになっています。

素朴ですが華奢で、どこか品があります。

全体高さ 29cm
六角胴体部分のみの高さ 21cm
奥行最長 14cm

在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

Cart

View Cart

Search

Category

Recommend

Feeds

RSS - ATOM